免疫力UPのために

多賀城市 高橋 とも鍼灸接骨院 受付 尾形です。

インフルエンザが猛威をふるっていますね~。私のまわりでも、本人や家族がかってしまったという人だらけです。

絶対にかかりたくないので、摂生しているつもりですが、免疫力も高め予防したいですね。

免疫細胞が最も集まっている器官は腸管といわれています。

腹八分目の食事をこころがけ、発酵食品を取り入れて、腸の中の環境をととのえることも大切ですね。

できるだけ納豆味噌ヨーグルトキムチチーズなどの発酵食品は毎日とるように心がけています。

また、免疫力を高めるためには、食事をよくかんで食べることも大切で、かむことによって必要な栄養素の消化・吸収を助けます。

私は、食事の時にひとくち20回以上はかむようにしています。最初はいちいち数えるのが面倒かもしれませんが、結構なれてきます。

かむ習慣がつけば、食べ過ぎも防止でき、一石二鳥ですね(^^♪

ビタミンEで血行よく

多賀城市 高橋 とも鍼灸接骨院 受付 尾形です。

【大寒】と聞くとそれだけで足がすくみ、外出も控えがちになりますが、皆さまはお変わりありませんか。

寒いとカラダに力が入り、筋肉の血行も悪くなりがちです。

血行が悪くなると、疲労物質や老廃物がたまりやすくなり、腰痛や肩こりの原因にもなります。

血行を良くするには、適度な運動入浴なども大切ですが、内臓機能を高め、食物吸収排せつを良くすることも大切です。

お酒の飲み過ぎや、甘いものの食べ過ぎなどが続いたら、消化の良いものを食べて、胃腸を休ませましょう。

また、アーモンドやナッツに含まれるビタミンEは血行を促進する働きがあります。

生活習慣病の予防にも効果があるといわれ、若返りのビタミンとも呼ばれています。

私が最近よく飲んでいるのが【アーモンド効果】です。お値段もお手頃でとてもおいしいので気に入っています( *´艸`)

血行が良くなると、筋肉にたまった乳酸が肝臓へ運ばれ処理されるので、肩こりなどの解消にも効果がありますね。

着脱しにくいスヌードをお直し

多賀城市 高橋 とも鍼灸接骨院 受付 尾形です。

私は、洋服で気になるところがあれば、使いやすいように直すのが好きです♪

といっても、ゴムを入れ替えたり、ボタンを付け替えたり、ポケットを縫ったり、など簡単にできるお直しですが…(;^_^A

自分の着心地がいいように直していきます。

洋服のお直しも自分でできること、できないことがありますので、丈を変えたりするときには、洋服のリフォーム屋さんへ持って行きます。

今回の「スヌード」は自分で直してみました。

「あったかそう!」と思い、去年の秋に買いましたが、1回しか使っていません😨

なぜなら、初めから二重になっていて、伸縮性がなく、着脱しにくいのでストレスでした。

なので、全てほどいて、自分の使いやすい形に縫いなおしました。

長めの一重にしてねじってみました。長いままでも使えますし、二重に巻いても使えます。

なにより、着脱の時にファンデーションがつくこともなく、着脱が簡単になりました。

素材や色は気に入っているので、これからは何通りにも使え、いつでもぬくぬくです( *´艸`)

インフルエンザ4倍に

多賀城市 高橋 とも鍼灸接骨院 受付 尾形です。

先週に比べ、インフルエンザ2779人4倍に増えていますΣ(゚д゚lll)

宮城県では17日、県内全域にインフルエンザ警報が発令されました。

患者数は急増していて、今後、流行の拡大の恐れがあるとして、予防対策を徹底するとともに、38℃以上の発熱、咳、咽頭痛、頭痛、関節痛などの症状が見られた場合には、早期に医療機関を受診するよう呼び掛けています。

また、空気が乾燥するこの時期は、保湿にも心がけたいです。

空気が乾燥すると、鼻やのどの粘膜が乾燥し機能が低下したり、インフルエンザなどのウイルスも活発になります。

部屋の加湿には・・・
・加湿器を使う
・部屋の中にぬれたタオルや洗濯物をかける。
・観葉植物を置くことで葉から水分が蒸発される。
・霧吹きで水をまく など・・・

できるところから実践して、インフルエンザにかかりにくい環境を整えたいですね。

冬の便秘

多賀城市 高橋 とも鍼灸接骨院 受付 尾形です。

冬になると便秘になる!という方も多いのではないでしょうか。

冬は空気の乾燥によって、カラダから水分が奪われ水分不足になります。

寒いと喉の渇きを感じにくかったり、水分をとると、むくんだり、トイレが近くなったりするのを敬遠して、水分をとらない方もいらっしゃいます。

便秘は、便の水分が少なくてかたいために、排便がうまくできない状態をいいます。

その中でも弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)とけいれん性便秘に分けられ、日本人の多くの便秘は弛緩性便秘といわれています。

弛緩性便秘:大腸のぜん動運動や排便機能が低下することで起こる。

けいれん性便秘:大腸の一部がけいれんを起こして収縮し、便の通過が困難になることで起こる。

便が水分を含んでいれば、腸内をスムーズに通り抜けることができます。

まずは、朝起きたときに一杯の水を飲んだり、目の届くところに水筒などを準備しておき、こまめに水分をとれるようにするのもおススメです。

また、便通を良くする食べ物は、野菜や果物、海藻、ヨーグルトなどがあります。

腸に刺激が強すぎない、海藻やこんにゃくなどの水溶性の食物繊維水分をこまめにとるよう心がけたいですね。

冷え性

多賀城市 高橋 とも鍼灸接骨院 受付 尾形です。

どんと祭も終わり、これから一年で最も寒い季節に向かいますね⛄

冷えは万病のもと】といわれますが、冷え性とは手足や腰などが常に冷えている状態をいいます。

冷え性の原因は血行不良と言われていて、手足の末梢血管に血液が行き届かないために起こります。

血行不良がおこる原因としては、自律神経の乱れも関係しています。

自律神経は体温調節の役割があるので、暑いときは血管を拡張させて体温を発散させ、寒いときは血管を収縮させ体温が逃げるのを防ぎます。

ストレスや更年期障害によっても自律神経の働きが悪くなるので注意が必要ですね。

冷えを感じるときは、ねぎしょうがとうがらしニンニクなど血行を良くする食べ物がおススメです。

他にも入浴やストレッチ、マッサージ、適度な運動で筋肉のコリをほぐし、血行をよくして冷えを予防しましょう。

成人の日おめでとうございます!

多賀城市 高橋 とも鍼灸接骨院 受付 尾形です。

成人の日ですね。当院のお隣の美容室や、お向かいの写真店には、華やかな振袖姿のお嬢様たちがいっぱいでした。( *´艸`)

いいですね~♪明るい気分になります。

毎年、成人式の頃は雪が降ったり、荒れた天気が多いような気がしますが、今年はお天気も穏やかで、良かったですね。

成人の日を迎えられた皆様のご多幸をお祈りいたします★

インフルエンザ587人

多賀城市 高橋 とも鍼灸接骨院 受付 尾形です。

1月10日に発表された宮城県感染症発生動向調査情報によると、宮城県内のインフルエンザ患者数587人。

増えてきましたね😨

インフルエンザは、抵抗力の弱い小さい子どもや、高齢の方は特に注意が必要です。

今年は、高熱がでなくてもインフルエンザだったという方もいらっしゃいました。

自分で症状を訴えられない乳幼児や、寝たきりの方などは、咳、鼻水などの症状の他に、普段の様子と比べ、元気がない食欲がない尿が少ない顔色が悪い(青白い)、唇の色が悪い(紫色)など、いつもと何か違うと感じたら医療機関の診察を受けるのも大切です。

 

最近、よく見かけるようになった【クレベリン】買ってみました。賛否はありますが、まず使ってみたいと思います。

こまめにうがい手洗いをして、予防していきたいですね。

風邪かなとかんじたら

多賀城市 高橋 とも鍼灸接骨院 受付 尾形です。

宮城県全域にインフルエンザ注意報がでました😨

ワクチンを接種していても感染する可能性はあるので、疑いがある時は早めに受診したほうがいいですね。

これからインフルエンザや風邪が流行する季節ですが、本格的な風邪症状はなくても、なんとなく風邪をひいたかな?とかんじるときがあります。

私の場合、着こんでも寒い、カラダがだるい、いつも以上に眠い、などの兆候があるときはあやしいです。

でも、ひきかけの時にしっかり対処すれば、本格的な風邪になるのを防げるような気がします。

昔から、風邪には保温と休養といわれてきましたが、私も、あやしいとき感じたときは、まず保温につとめます。

首元からつま先まできちんとおおい、ふだんより多く重ね着して、とにかくカラダを温めます。

また、ショウガ湯ネギのたっぷり入ったみそ汁などで、カラダの中からも温め、熱がなければ、お風呂でしっかり温まります。

ですが、せっかくお風呂であたたまっても、寒いかっこうのままフラフラ起きていては、カラダが冷えてしまいます。

入浴後は早めに布団へ入り、早めに就寝すると、翌朝には良くなっていることがほとんどです。

風邪はこじらせればこじらせるほどツラさが持続します。自分に合った方法で、早めの対処を心がけたいですね。

バイクの充電

多賀城市 高橋 とも鍼灸接骨院 院長 尾形 謙です。

小寒の時季となり、今日は寒いですね。今朝の雪で当院前の交差点は凍結して、車のタイヤが滑って空転していましたが、皆さまの地域は大丈夫でしたか?

起床時は雪がほとんど積もっていませんでしたが、30分くらいで真っ白になりました。年末寒波の降雪で、バイクが雪に埋もれてしまいました。昨日は定休日。雪や凍結の影響で、しばらくバイクに乗れていないので、バッテリーを充電しました。これで寒さによるバッテリーあがりも大丈夫です。

これから本格的な冬シーズンとなります。凍結による転倒や雪かきによる腰痛などに備え、適度な運動やストレッチで筋肉を柔らかくして、外傷に気をつけてくださいね。